2010.02.05

建設業部会視察研修

建設業部会視察研修に同行しました。

今年度第2回目となる研修は、ちょっと遠出をして浜田市旭町「島根あさひ社会復帰促進センター」へ。法務省のPFI事業として運営されている施設を見学させていただきました。

天気予報は雪マーク!急遽出発を早めて6時30分のスタート。

心配したお天気も問題なく、予定時間に目的地へ到着 

 浜田自動車道旭インターを降りてすぐ、美しい自然が残る山間に想像以上の大きな施設が見えてきました。
 第一の感想”これが刑務所?!”外壁のあわ~いピンク色と石州瓦の素材と色が優しく取り入れられていました。

手荷物はほとんど持込禁止、携帯電話・カメラ・金属物etc・・・
車内に残し、厳重な警備システムを通って施設内へ

約90分丁寧な説明をうけ視察終了。

社会復帰促進センターという名のとおり、再犯防止と出所後の就労を支援するための各種作業訓練や教育プログラムが大変充実していることに驚きました。

お昼を随分過ぎましたが、せっかくここまできたので高速道路を挟んだ”地域交流エリア”の盲導犬訓練センターへ向いました。

 sisetu.JPG

 

ここでは、普及推進事業課マネージャーのsetumei.JPG
 若月さんが優しく説明してくださいました。  

平成20年10月に中国地方初の盲導犬施設として開設され、盲導犬育成と障がいのあるかたの自立と社会参加の促進活動に頑張っておられます。 多くのマスコミで報道されましたが、受刑者と地域のボランティアが協働してパピーを育てる「盲導犬パピープロジェクト」も有名です。

 

そしてもう一人(匹)優しく迎えてくれたのがレントくん!

rento.jpg

 

レントくんは、ボール遊びが大好き!ボールに夢中になると盲導犬としての仕事をつい忘れてしまうのだそうです。残念ながら盲導犬として活躍できないのです。だから、こうしてPR犬としてしっぽをふりふり私たちを迎えてくれました。

こうした活動費用のほとんどは、寄付と募金で行われているとのこと。

わたしも、わずかながらのびのび手袋で協力をさせていただきました。

tebukuro.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.